キャッシング会社でお金を借りたい

お金を借りるのは怖くない!

はじめまして、はこびんです。これからお金を借りたい!すでに借りているけど、もっと利用可能な限度額を増やしたい!といったインターネットでのキャッシングの方法についてやさしく解説。消費者金融や銀行系カードローンで借りる前に見ておこう!

主婦パートやアルバイトでもキャッシングできる場合と出来ない場合のそれぞれの理由

キャッシング・カードローンの審査では、「安定収入あり」「勤続年数」「年収」が特に確認される項目です。勤続年数は少なくとも1年以上、年収は200万円超であればより審査には良い印象となるようです。

昔は正社員でないとクレジットやキャッシングの審査は通りにくかったのですが、最近では特に正社員にこだわらず、「安定収入あり」「勤続年数」「年収」この3つの条件をクリアしていれば、「返済能力あり」と判断されるようになっています。

ただし、主婦パートやアルバイトの方は、借り入れできる金額が低くなることがほとんどです。結婚している主婦パートは、アルバイトで単独で生活している方よりも有利になる傾向があります。また、国民健康保険ではなく、社会保険にはいっていることも有利になるポイントです。

逆に、以下のような場合は審査に不利な影響を与えます。

×勤続年数が少ない、短期間での転職が多い
×過去にローンやクレジットで延滞などを繰り返していた(現在そのような状況)
×申し込みできる最高限度額での申し込み
×不安定な収入の職種
×収入が安定しない
×他のキャッシングなども多く利用している

主婦やアルバイトの方が良くやりがちなのが、「クレジットの延滞」です。カードローンなどの返済は気を付けているのに、クレジットの決済日をあまり重要視していない方が多くみられます。

今月だけ引き落としに間に合わなかった、お金を入金するのを忘れていた、という安易な考えでクレジットの引き落としができないと、そのうち信用情報に記録が残ります。そのような記録が積み重なると、キャッシングなどの審査に通らないということも十分にありますので気を付けましょう。

また審査の際に、「在籍確認」として勤務先に確認の電話がくるのですが、会社側がパートやアルバイトの名前まで把握していないことも多く、すぐに回答をできないことがあるようです。在籍確認が取れないということは大きなマイナス要因ですので、あらかじめ自分あての電話がくることを総務の方に伝えておくなど対策をとっておきましょう。

主婦の方は、場合によって、ご主人の勤務先を記入する必要がありますので、その際にはご主人にもその旨伝えておくことをお勧めします。

主婦パートやアルバイトが融資の審査を受ける際に必要なモノ

主婦パート、アルバイトに限ったことではありませんが、融資の審査には「運転免許証など公的な本人確認書類」「収入を証明できるもの」「印鑑」が最低限必要です。借り入れの金額によっては源泉徴収票の提出を求められることもあります。

主婦パートやアルバイトがカードローンを作るメリット、デメリット

メリット

・家計や学費など少し足りないときにすぐに使える
・本当に必要なときだけ使うことができる
・コンビニや銀行などのATMで借り入れが利用できる
・お金が出来ればすぐに返済することもできる

デメリット

・主婦の場合、ご主人の同意が必要となることがある
・気軽に借り入れができるので使いすぎてしまう
・カードローンを使っているというと周りの目が気になる
・貸金業法の規制にかかる場合、年収の3分の1までしか借りられない
・銀行系のカードローンは作成に時間がかかる
・自分の収入をしっかり考えたうえで借り入れをしないと返済ができなくなる

お金を借りることをアルバイト先にバレないようにすることは可能なのか?

キャッシングのカードを作る際には、必ず勤務先に在籍確認の電話がかかってきます。これは正社員であろうと、パートアルバイトでも同様です。

在籍確認の電話は、会社名ではなく個人名で「○○と申しますが△△(申し込み人)さんはいますか」という風にかかってきますので、通常はばれることは少ないでしょう。

普段あまり電話を受けることのない人だと不自然に思われるかもしれないので、「クレジットを申し込んだから確認の電話が来るかもしれない」などとあらかじめ総務担当者などに伝えておくのも一つの手です。

短期や日雇いのパートやアルバイトでもキャッシングは出来る?

最近の審査で重視されるのは雇用体系よりも安定収入があるかどうかなので、短期や日雇いであっても安定して収入を得ていることを証明できれば、審査に通る可能性はあります。

ただし正規のパートや長期のアルバイトよりはかなり狭き門となってしまうことを理解しておくべきでしょう。また短期や日雇いの場合、在籍確認を受けた人が勤務を把握していない可能性もあるので、あらかじめ電話がくることを伝えておいたほうが良いでしょう。

アルバイトを始めたばかりで給料が入っていない状態でもキャッシングは可能か?

これについては、不可能ではありませんが基本的には無理だと思っておきましょう。継続して安定収入があることを審査の中でも重視されている中で、まだ給料をもらっていないというのはマイナスポイントです。

会社が「この人はこれから長く勤め、月収○○円を安定して貰うことになっています」という証明をしてくれるわけもないので、返済能力の面で審査に通るのは厳しいと思われます。

主婦パートやアルバイトの借り入れ限度額はいくらぐらい?

消費者金融の場合、貸金業法の総量規制の対象となるため、年収の3分の1が限度となります。銀行系カードローンは総量規制の対象外なので、パート収入がし安定してある程度あるなどの条件を満たせばそれ以上の借り入れも可能です。

また、主婦の場合、ご主人の同意を得て、ご主人の勤務先や年収で審査を受けることも可能です。この場合、消費者金融などでは、ご主人の年収もしくはご夫婦の年収合計の3分の1、銀行系であればその収入に応じた金額が限度額となります。

主婦パートやアルバイトにおすすめのカードローン

楽天銀行スーパーローン

主婦の方が多く使っているであろう楽天グループのキャッシングです。300万円までの借り入れで収入の証明が不要、審査は最短で即日というものです。もちろんアルバイトパートもOKとなっています。また、申し込みで楽天ポイントのプレゼントがあるのもうれしいですね。

>>楽天銀行スーパーローンの公式サイトはこちら

レイク(新生銀行カードローン)

平日14時までに手続きをとれば即日の融資が可能です。パートやアルバイトでも安定収入があれば申し込み可能です。こちらのうれしいところは、初めての借り入れの場合、30日間無利息または5万円までなら180日間無利息というサービスがあるところです。ちょっと一時的に借りたいといったときにおすすめです。

>>レイク(新生銀行カードローン)の公式サイトはこちら

主婦パートやアルバイトがお金を借りるうえで注意すること

主婦パートやアルバイトは、時給で働いている方たちです。急な病気やケガ、子どもさんの看病などで働けない日が続くと、ダイレクトに月収に響きます。

パートやアルバイトでも借りられるカードローンはどんどん増えていますが、申し込みの際には必要な額をしっかり検討し、限度額を設定しましょう。

限度額を多く設定していると気が大きくなり借りすぎの原因にもなりますし、知らず知らずのうちに借金が増えていたということにもなりかねません。いつまで借りるのか、どのお金で返すのかを自分なりに決めたうえで上手にカードローンを使いましょう。

総括

今回は主婦パートやアルバイトの方のキャッシングについてまとめてみました。
どちらの雇用体系も安定収入があればカードローンの作成は難しくありません。家計を守る主婦や、生活が安定しにくいアルバイトの方には、うまく使えば非常に頼れるカード、安心感のカードとなるでしょう。

審査に不安を持つ方も多いかと思いますが、主婦であればご主人の同意があればご主人の収入を記載して審査を受けることもできます。そして審査では嘘やごまかしは必ずばれますので正直に記載しましょう。

信用情報に不安がある場合、クレジットカードなどを使用して(キャッシングでもOK)、その返済を数か月しっかりと行うことで「返済している」という情報が残り、それ以降の審査に良い影響を与えることもあるようです。

使いすぎは絶対にダメですが、うまく使えば家計をよりしっかり回すことができるのがカードローンです。「消費者金融なんて・・」「絶対に借金はしたくない」という方も、無利子期間やキャンペーンを利用することで金利などのデメリットも改善されそうですね。

はじめてお金を借りるならどこがおすすめ?

はじめてお金を借りるなら新生銀行カードローンのレイクが5万円以内であれば180日間無利息なのとプロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。こちらも30日間の無利息が可能となるのでおすすめです。

とにかく言えることは「信頼度の高い消費者金融から借りる」ことが重要ですね。テレビCMを頻繁に行ってる会社であればまず大丈夫なので、その他の場所になるとアコムモビットアイフルなどがおすすめとなります。

自動契約機の使い方を
やさしく解説

パソコンか自動契約機での申込みが半数以上を占めています。

自動契約機での流れについて

自動契約機はATMと同じようなものなので、簡単に操作できます。まず、モニター画面の新規申し込みの箇所をタッチパネルになっているので選択します。

契約に関しての同意や個人信用情報機関へ照会承諾の確認をしてからスキャナーがあるので、その所定の位置に本人確認ができる身分証明書の書類を置きます。

免許書を置いたら自動的にスキャナーが読み取って送信されました。口頭で「本人確認が取れました。」と言われて、自動契約機から出てきた申込書に記入していって、またスキャナーにセットして送信します。

住所と名前、生年月日に仕事などを聞かれて、在籍確認をして審査をされます。審査終了後モニター画面に限度額などが表示され契約の確認をします。

承諾したら、また自動契約機から契約書が出てきて、署名欄に名前を書いてスキャナーにセットして送信します。

センターの方で契約書の確認が取られ自動契約機から控えが出てきます。キャッシングのカードが発行されて、カードを持ってATMで使えば借入ができました。

時間を短縮したいなら前もってパソコンから申し込んでおくと便利です。

簡単な申込み方法

自動契約機に入っていくと銀行のATMと同じような機械があって入力していくのですが店頭にいくのと同じ感覚で申込みができますね。

カメラが設置してあるので、端末の前に立つとセンターのオペレーターが話しかけてきます。店頭に行った時のように案内されて、自動契約機から申込み用紙が出てきてそこに必要事項を書いていきます。次に身分証明書(その時は免許書)のコピーを取ることになります。

在籍確認などの質問をされ、審査が行われると融資限度額を言われました。

その場で、カードが発行されて自動契約機からカードが出てきたので、そのままキャッシュディスペンサーでキャッシングができました。

入る前など最初は不安でしたが、特に問題もなく借りることができたので気楽に利用できるんだと知りました。

自動契約機、店頭にしろ行く前にパソコンから申し込みをしておくと書くより入力するので、余計な時間がかからずにスムーズにカード発行できます。

簡単に借りれるのか?不安

いざキャッシングをしようとした時に、すぐに借入ができるのか不安になりませんか?更には、たくさんある消費者金融会社からどこを選ぶといいのか?

この2点がまず、借りたことがないと不安になります。
そこで、カードの発行は無料ですし必要がなければ、今すぐにキャッシングすることはないのでカード発行をして、消費者金融会社の違いを比較してみました。

特に女性であれば、何かと不安も大きいでしょう。
女性専用の窓口もプロミスではありますから何の心配もなくキャッシングできるようになっています。

何か不安や心配なことがあれば、気軽に電話をしてみると女性スタッフが答えてくれますね。

今回、キャッシングするのにそんなにお金が必要ではなかったので、10万円以内の額で借りてみました。その時の例で体験談をお話ししていきます。

金額が10万円以下であれば、簡単に借りれる印象がありました。もちろん20万円以上でも借入できますが、あとは借入する人の返済能力です。

審査の時に、職業など安定した収入がどれぐらいあるかで判断されるような気がしました。当然そこが重要ですしね。^^)

どの消費者金融会社でもだいたい20歳から69歳までの人で、アルバイトかパートでも働いていれば借りれます。

借入の最高額は消費者金融会社によって違いますが、200万〜500万円の間です。でもいきなり最高額が借りれるわけではありません。

やはり信頼関係がないとダメですね。では信頼はどのようにして作っていくかというと利用実績です。借りたらちゃんと返したという実績ですね。

それも何回も借入と返済をして消費者金融会社との付き合いで信頼関係を築いていきます。これは、人付き合いでも同じことがいえますね。

これも人によって違いありますから電話か窓口に行って相談してみて下さい。

20万円以内であれば、ちゃんと働いていて計画をもって借りれば問題にはならずにちゃんと返済できるでしょう。

不安がなくなって申込みをしようと思ったなら、次は申込みです。パソコンからの申込みがやっぱり簡単でした。

当サイトの解説となります。

私自身もキャッシングしたことありますが、みなさんが思うようなきつい取り立てもないし、特に怖がることはありませんね。まぁ、私自身が延滞したことが無いということからもそう言えるのかもしれませんが、友人たちでも延滞したことがある人間に聞いたら特にきつい取り立てなんかは無かったと言っていました。最大で二カ月遅れたらしいのですが、それでも普通だったみたいですね。

運営者プロフィール
ちはる画像
名前 ふるさわ あや
性別 女性
誕生日 11月25日
出身地 三重県
自己紹介 将来に向けてお金のことをきちんと知っておきたい思ったことから当サイトの担当者となりました。趣味はダイエット、脱毛、海外ドラマ。